2005年04月05日

ファイル名やフォルダ名に使うべきでない「ダメ文字」

所謂「ダメ文字」とは、2byte目に0x5C(日本語環境では円記号)を含む文字である。
1byte文字圏で開発されたプログラムが誤認識する可能性がある。
(2byte目に0x5Cを含むとバックスラッシュとして解釈される為フォルダとして処理しようとする。)

ダメ文字とShift_JISの文字コード
― 0x815c
ソ 0x835c
Ы 0x845c
\ 0x875c
噂 0x895c
浬 0x8a5c
欺 0x8b5c
圭 0x8c5c
構 0x8d5c
蚕 0x8e5c
十 0x8f5c
申 0x905c
曾 0x915c
箪 0x925c
貼 0x935c
能 0x945c
表 0x955c
暴 0x965c
予 0x975c
禄 0x985c
兔 0x995c
喀 0x9a5c
媾 0x9b5c
彌 0x9c5c
拿 0x9d5c
杤 0x9e5c
歃 0x9f5c
濬 0xe05c
畚 0xe15c
秉 0xe25c
綵 0xe35c
臀 0xe45c
藹 0xe55c
觸 0xe65c
軆 0xe75c
鐔 0xe85c
饅 0xe95c
鷭 0xea5c
ル 0xed5c
ル 0xee5c
ス 0xfa5c
ス 0xfb5c

その他ファイル名についての備忘録
可搬性を考えるとファイル名やフォルダ名に日本語は使用しない方が良い。
UNIXでは空白文字はファイルの区切りとして認識されるので使用しない方が良い。
(Windowsでもコマンドプロンプトではそのままのファイル名で扱えない。)
空白の代わりにはアンダーバー_(やハイフン-)を用いる。
但し、ファイル名の先頭や末尾に記号はあまり使用しない方が良い。
posted by Zinc at 19:29 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。