2007年02月24日

手帳に書く愉しみ

フランクリンのコンパクトサイズ(通常のバイブルサイズの横幅を広げた感じ)使い始めて約3カ月。なかなか良い感じ。
スターターキットだからリフィルは日本語オリジナル。このリフィルには残念ながら万年筆は向かない。裏写りが激しいのだ。
という訳で三菱鉛筆のジェットストリームを使用している。昨年新発売となった世界最先端のインクを使用するBP(ボールポイントペン=ボールペン)だ。筆跡がくっきり黒々。通常のBPと比べると違いは明らかだ。こいつで書くと楽しいのでドンドン書き込む。事務用文房具は日本製が圧倒的に強い。ゴリアテ君(カランダッシュ)の出番が確実に減った。
オリジナルバインダも意外に良い。バインダの留め具って実は必要ないのだ。
posted by Zinc at 23:01 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | stationery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49027097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック