2014年07月11日

アメリカ空軍による近接航空支援時に用いられる"9 Line Brief"

アメリカ空軍における近接航空支援(CAS; Close Air Support)に関するメモ。

陸軍地上部隊に随行する航空連絡士官(ALO)等から空軍に対して火力支援(近接航空支援)要請があると、それを受けたOV-10搭乗の前線航空統制官(前線航空管制官 FAC; Forward Air Controller)は攻撃機に対して目標等に関する情報を伝達する。
このときに用いられる様式が"Nine Line Brief"と呼ばれる。

※上記はベトナム戦争時等の伝統的な例に従った。
今日では、前線航空統制官は統合末端攻撃統制官(JTAC; Joint terminal attack controller)となり、よりシステム化されている。
敵にとっては指揮官や通信兵と並んで最も優先順位の高い目標となる。
JTACは航空機に搭乗するか、戦術航空統制班(TACP; Tactical Air Control Party)の一員として地上部隊に随行する。

JTAC

"9 Line Brief"
(1) IP (Initial Point)/BP (Battle Point) - 固定翼機の場合は目標接近の基点、回転翼機の場合は目標遭遇予測エリア。
(2) HDNG (Heading) - 固定翼機の場合はIPから目標への磁方位、回転翼機の場合はBP中心点からの方位。攻撃機の機動を制限する必要に応じてOFFSETも指定される。
(3) DISTANCE - IPからの距離。固定翼機の場合はNM(nautical miles)で指定、回転翼機の場合はmetersで指定する。
(4) TGT ELEV. (Target Elevation) - 目標の高度。平均海水面(Mean Sea Level)を基準にfeetで指定。
(5) TGT DESC. (Target Description) - 目標の概要
(6) TGT LOC. (Target Location) - 目標の座標
(7) MARK TYPE - 目標をマークする手段の種類(白燐・照明・赤外線・レーザー)とレーザーコード
(8) FRIENDLIES - 目標付近の友軍
(9) EGRESS - 脱出経路

その他、補充的な記載事項
REMARKS:
The following information may be included if applicable:
・Troops in contact or danger close
・Airspace coordination: final attack heading (FAH) or altitude restrictions
・Threat
・SEAD support in effect
・Active gun target lines
・Ordnance requested
・Hazards
・Weather

参照
CLOSE AIR SUPPORT (CAS) THE “9 LINE” BRIEF INSTRUCTIONS
http://forums.eagle.ru/attachment.php?attachmentid=43043&d=1286623016
タグ:MILITARY Airforce
posted by Zinc at 20:30 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | military | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

徒然草 第八十五段

徒然草 第八十五段

【沢村訳】

人の心は素直でないから、偽るということが無いわけではない。
しかし、生来、正直な人なんてどこにいるだろうか(いや、どこにもいない)。
自分は素直ではないから、他人の賢さを見て羨ましがるのが普通である。
かなり愚かな人は、たまにいる賢い人を見て、妬んでしまう。
「大きな利益を得るために、小さな利益を得ず、嘘で自分を飾って名誉を得ようとする」と賢い人をけなしてしまう。
自分の心と賢い人の心 が違うので、このように嘲りを言ってしまうのである。
この人は、愚鈍な本性を脱することが出来ない。
相手を偽って、小さな利益を手に入れようとし、仮にも賢い人から学ぼうとはしない。

狂人の真似をして大通りを走れば、それは狂人そのものだ。
悪人の真似と言って人を殺せば、悪人だ。
一日に千里走る名馬に学べば、その馬は同じように名馬の類になる。
聖王の舜を真似したら舜と同様の名君になるだろう。
偽りでも賢さを学べば、その人を賢人と言うべきだろう。


【原文】

人の心すなほならねば、偽りなきにしもあらず。
されども、おのづから、正直の人、などかなからん。
己れすなほならねど、人の賢を見て羨むは、尋常なり。
至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む。
「大きなる利を得んがために、少しきの利を受けず、偽り飾りて名を立てんとす」と謗る。
己 れが心に違へるによりてこの嘲りをなすにて知りぬ、この人は、下愚の性移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、仮りにも賢を学ぶべからず。

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。
悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。
驥を学ぶは驥の類ひ、舜を学ぶは舜の徒なり。
偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。


(徒然草 第八十五段 吉田兼好)
タグ:Literature
posted by Zinc at 02:09 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

気まぐれ筆記テスト 油性・水性ボールペン

何となく気まぐれ筆記テスト。
油性ボールペンと水性ボールペン。
紙はコクヨのB7メモパッド R2メ-455 RESOLUTION。
滲みやすく裏抜けしやすい紙。

ボールペン筆記テスト

BVRF-8F(アクロインキ)はアクロボールのリフィル。
これとROMEO easy FLOWは乾くと艶のない黒々とした筆跡になる。
結構好み。
アクロインキはダマが出やすいがすぐ乾くので、ほとんどの場合は問題ない。
ダウンフォースで加圧しているのでインクフローは明らかに過剰。
だが、それがいい。
ジェットストリームは乾くと少しテカリがあって、アクロやeasy FLOWと比べてやや薄い色。

フリクション多色用は下まで書いた後に、空いたスペースに後から詰め込んだので変な位置だけど勘弁。
フリクションの黒はやっぱり薄い。
多分、書類の偽造対策の意味も込めてわざとこうしてるんだろな。

その下はパワタン。
最近の低粘度油性と比べるとかなり薄い・・・。
SNP-7は現行の樹脂リフィル。
SP-7は同じく樹脂リフィルだが、少し細くて長い。廃番になってた。
SJP-7は金属リフィル。ピュアモルトの漆塗りバージョンSS2005ACに入れて使ってる。
油性で細めのリフィルは筆記抵抗が大きいのであまり好きではない。
ここにはないが、カランダッシュのゴリアテリフィルなら気持ちいい。

その下は水性。
ビジョンエリートの0.5mm BB(ブルーブラック)は国内では廃番。
非常に残念。
絶妙なインクフローで色合いの変化を楽しめる軽快な筆記具として重宝しているので買い溜めしている。
水性なので書き味は軽め。
オバマ大統領も同シリーズ愛用中で両端からペンを掴みながら話す姿が印象的。(オバマ嫌いやけどw

V CORNは定番の水性BP。
とにかくサラッサラッ。
本体も書き味も軽く、走り書きには持ってこい。
会議中、リーガルパッドを使うときはこれ。
顔料インクのV CORN Cは廃番。
これだけ金属クリップが付いている。

その下は比較用万年筆インク。
定番のジェントルインクとカーボンインク。
プラチナカーボンインクは同メーカーのカーボンペンで使用。
まさに漆黒。

んー、自分の字嫌い。
とくにこの「金属」とか。
丁寧に書いたときはいいんやけどね。
色んな種類の字を書くが、大きく書くか小さく書くのが好きで、これ位の大きさの字を書くのが一番嫌いで苦手。
タグ:PEN Stationery BP
posted by Zinc at 19:17 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | stationery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

ひとり、堺市民会館閉館式典で

2014年3月31日、この日はBoeing 747のラストフライト。
と同時に、堺っ子にはとても馴染み深い堺市民会館の閉館の日でもありました。
堺で育った方なら誰しも一度は舞台に登ったことがあるでしょう。
私も小学校の合唱コンクールの写真が残っています。
昔はみんな貧乏だったなあとしみじみ思える写真ですw

さて、この日、閉館式典が行われるということで、予約して届いた葉書を持って出掛けてきました。
実はここに来るのはもう何年振りか分かりません。
しかし、堺市を大阪府を離れて暮らしても「堺っ子〜は元気な子!」のメロディーは忘れたことがありませんw
久しぶりに見た市民会館は、流石に古ぼけて見えますが、それでも重厚な趣で迫力があります。
ここが無くなってしまうのかと思うとかなり寂しい気もしますが、同時に新たな時代に向けて堺の飛躍を望んで止みません。

iPhoneで写真を撮ってきたので、一部をここに掲載します。
最後にとっておきの写真を撮影しましたが、どこにも掲載しないと約束してしまったのでお蔵入りですw

20140331155014_IMG_1442.jpg

20140331155853_IMG_1458.jpg
正面の階段は特に懐かしいですね。

20140331161151_IMG_1463.jpg
記念コンサートの冒頭。堺市新進アーティストバンク登録アーティストの植田藍子さんと高須有佳さん。クオリティが非常に高くて驚きました。目を閉じてすっかり聴き入ります。こういうのをアートって呼ぶんですよ。

20140331171327_IMG_1498.jpg
この造形もよく憶えています。

20140331171337_IMG_1499.jpg
壇上から。

20140331172039_IMG_1507.jpg

20140331172146_IMG_1512.jpg
寂しい・・・。

20140331172225_IMG_1514.jpg
なかなか格好いい。

20140331172409_IMG_1520.jpg
新築当時はさぞや立派だったことでしょう。

20140331172746_IMG_1527.jpg
さらば!市民会館!ありがとう!

ここは一生忘れることのない場所です。

posted by Zinc at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。